Dream Japan


vol.13:
Gerda Taro - "Another Female Capa"

ゲルダ・タロー もう一人のロバート・キャパ

(2013/02/01)



1月26日(土)から、横浜美術館で「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」展が開催されている。

スペイン内戦の「崩れ落ちる兵士」を撮影し、報道カメラマンの先駆者として有名なロバート・キャパだが、もう一人の、ゲルダ・タローについては残念ながら、あまり知られていない。

もともと、ロバート・キャパは、1935年にパリで出会った、ハンガリー出身のフリードマン・エンドレ・エルネーと、ドイツ出身のゲルタ・ポホイルが、生み出した架空のアメリカ人の報道カメラマンの名前である。映画監督のフランク・キャプラをモチーフにしたといわれる。

キャパとしての共同活動の後、フリードマンは報道写真家としてキャパの名前を1954年の北ベトナムで生涯を閉じるまで、そのまま使い続けた。ポホイルは、当時パリに滞在していた岡本太郎とグレタ・ガルボからとったゲルダ・タローという名義で、活動していった。

フリードマン、ポホイルともに、ユダヤ系であり、当時ナチス台頭のドイツ軍の迫害を避け、パリに来ていた。

出会った当事、すでに先に写真家として活動していたフリードマンの助手として、撮影技術を学んだポホイルは、スペイン内戦の勃発と同時に、二人でバルセロナに渡り、共に戦場フォトグラファーとして活動をした。

当初は、共同名義でロバート・キャパとしての作品を公開し、その後、ポホイルはゲルダ・タローとして活動を開始し、キャパ&タローの連名で、さらに1937年にはタロー単独での作品の公開も行われた。

しかし、彼女の名声が高まろうとしている矢先の1937年7月25日、飛び乗った車両に戦車が衝突し、重傷を負いそのまま翌日病院で亡くなった。27歳の誕生日を目前にしていた惨事だった。


タローの報道写真家としての活動は、実質的には1936年から1937年の1年間だけである。
当初は、ライカで長方形型の2:1比率の写真を撮っていたキャパと、ローライで正方形の1:1比率の写真を撮っていたタローの作品の区別は容易であったが、その後、タローもライカに持ち替えているため、キャパの初期の作品はタローが撮ったと思われる写真も混在しており、そのこともあり、写真家としての、タローの評価は、近年まで進んでいなかった。

横浜美術展の展示では、タローの作品と、キャパの作品がそれぞれの個展形式で完全に分かれているため、タローの撮ったローライの正方形の空間を広く取った構図や、スペイン内戦で多く活動した女性兵士や、キャパの作風ではあまり見られない戦死した遺体など、彼女の写真家としての優れた技量を見ることができる。また、キャパの「崩れ落ちる兵士」の対象の兵士が、ほかの兵士と一緒に写っている写真も公開されている。

ロバート・キャパの足跡、作品のみならず、彼の活動に大きな影響を与えた相棒、ゲルダ・タローの作品を日本国内で初めて本格的に鑑賞できる「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」展は、3月24日(日)まで、横浜美術館で公開されている。


【展示会詳細】
横浜美術館 企画展 ロバート・キャパ / ゲルダ・タロー 二人の写真家

主催:横浜美術館、朝日新聞社
場所:横浜美術館(横浜市西区みなとみらい3-4-1)
問い合わせ:045-221-0300

概要:世界で最も著名な写真家のひとり、「ロバート・キャパ」ことアンドレ・フリードマンと、ドイツ人女性ゲルダ・タローのそれぞれの写真作品による二つの「個展」で構成される写真展。約300点にのぼる写真作品と関連資料で、両者の深い繋がりと活動の軌跡を辿ります。
入場料:一般1,100円 大・高校生700円 中学生400円 小学生以下無料

公式ホームページ
http://www.yaf.or.jp/yma/



◆"State-of-the-Art Point":


テレビで個性的な口調で人気となった戦場カメラマンこと渡部陽一氏によって、お茶の間にも身近な存在となった戦場カメラマン。

その活動は、死と隣り合わせである。

戦場カメラマンの先駆けともいえる、ロバート・キャパ。そして、かつては、キャパのアシスタントや恋人として語られてきたゲルダ・タローも、戦場で命を落とした。

作品展が開催されている横浜美術館では、ピュリッツァー賞などに加えて、優れた報道写真家に送られるロバート・キャパ賞を日本人として唯一受賞している沢田教一のプリントも所蔵している。その彼も、カンボジアの戦場で亡くなっている。

書籍および映画「地雷を踏んだらサヨウナラ」で名を馳せた一ノ瀬泰造も、カンボジアでアンコール・ワットを目指す途中に兵士に処刑されて亡くなっている。

21世紀に入っても、昨年、シリアで亡くなった戦場ジャーナリストの山本美香さんをはじめ、5人の日本人ジャーナリスト、フォトグラファーがが戦場・紛争地で命を落としている。もちろん、現地や日本以外のジャーナリストやフォトグラファーの亡くなった方々の数はそれ以上である。

渡部陽一氏も、戦場カメラマンになったきっかけのコンゴ共和国への旅行時に、ルワンダ紛争に巻き込まれ少年兵に襲撃され、一歩間違っていれば、殺されていたという。

命の危険を冒してまで何故、そのような活動をするのか?

そのような紛争地での活動は、その作品を買ってくれるメディアがあるから成り立つという側面もある。そして、ジャーナリストやフォトグラファーは、目の前の人たちを助けることもできない。

しかし、作品として多くの人が目にすることにより、写真を見た人たちにこのような悲劇を繰り返させない思いを強く抱かせることができる。そして、そのことが、未来ある人たちに、同じ過ちを繰り返させないという思いを抱かせるメッセージとなるのではないだろうか。

キャパとタローが撮影したスペイン内戦は、序盤は先述したとおり女性が兵士として参加し演習も、ある意味牧歌的な様子も伺える時期もあったようだが、多くの市民が参戦したことと、ゲルニカの爆撃に象徴されるような大量殺戮兵器による市民への惨劇が本格的に始まった戦争でもある。それと同時に、初めて報道写真家、戦場フォトグラファーが登場した戦争でもある。そして、36年に創刊された雑誌「LIFE」が、スペイン内戦の彼らの写真を掲載し、アメリカを始めとした世界に衝撃を与えた。

近代の戦争と報道ジャーナリズムの起源として、キャパとタローの作品をこの機会に多くの人に知ってもらいたい。

報道ジャーナリズムにより、戦争・紛争が浮き彫りとなるにつれて、その貴重な脇役である戦場カメラマンをテーマにした作品も数多く登場してきている。

2002年には、ロバート・キャパについてのドキュメンタリー「CAPA in Love & War」が公開された。またキャパと親交があり、スペイン内戦も体験した「武器よさらば」らの作品で有名なノーベル賞作家、アーネスト・ヘミングウェイを主人公とした映画もある。

また、「パブリック・エネミーズ」などを撮影したマイケル・マン監督が、キャパを主人公とした映画を製作するという報道もある。

一方、日本でも、先述の一ノ瀬泰造を浅野忠信が演じた映画「地雷を踏んだらサヨウナラ」、沢田教一氏を大沢たかおが演じたドラマ「輝ける瞬間」などの映像作品もある。

今後、女性写真家タローによりフォーカスし、これまでのキャパのパートナーというイメージを覆す作品展開もおもしろいだろうし、シリアで亡くなられた山本美香さんについて、その生涯を知ることができる機会も各メディアの協賛によって是が非でも提供を望みたい。

最後に、横浜美術館では、今回の展示にあわせて以下のようなイベントも行っていることを紹介しておきたい。(一部既に終了したものも掲載)

*横浜市は、毎年「PHOTO YOKOHAMA」と題して、写真にちなんだ一連のイベントを開催しています。



■記念講演会「青春のキャパ」

講師:沢木耕太郎氏(ノンフィクション作家、エッセイスト)
日時:2013年2月3日(日曜) 15時から16時30分まで(14時30分開場)
会場:横浜美術館レクチャーホール(定員240名、先着順) 入場無料

■フォト・ヨコハマ プレゼンツ「渡部陽一トークショー」
出演:渡部陽一氏(戦場カメラマン)
聞き手:松永真太郎(横浜美術館学芸員)
日時:2013年1月31日(木曜) 13時30分から15時まで
会場:パシフィコ横浜アネックスホールF204(定員150名、申込み先着順)
入場無料
要事前申込み

■横浜美術館学芸員によるギャラリートーク
日時:2月8日(金曜)、2月22日(金曜)、3月8日(金曜) 
   いずれも14時から14時30分まで
参加無料(当日有効の観覧券が必要)

■夜の美術館でアートクルーズ
閉館後の美術館で担当学芸員の解説を聴きながら、展覧会を鑑賞。
日時:(1)2月6日(水曜) (2)3月9日(土曜) いずれも19時から20時45分まで
定員:各回30名、参加費4000円(他日使用可能な観覧券含む)
要事前申込、抽選 (1)は1月8日、(2)は2月4日 
 いずれも必着締切 申込みはこちらのサイト または往復はがきにて。
往復はがき往信面に、イベント名と開催日、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を、返信面に返送先を明記のうえ、「キャパ/タロー展 イベント担当」宛(〒220-0012 横浜市西区みなとみらい3-4-1)に送付。

■上映会「Capa & Films」

日時:2013年2月23日(土曜)、24日(日曜) いずれも14時30分から18時頃まで
会場:横浜美術館レクチャーホール(定員240名、先着順) 入場無料

プログラム:
2月23日(土曜)

14:30-
『Capa in Love & War』 An American Artist: Robert Capa in Love & War
2002年/90分/カラー/サウンド/DVD(提供:GAGA)
監督:アン・メークピース
出演(インタビュー):スティーヴン・スピルバーグ、イザベラ・ロッセリーニ、コーネル・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン ほか
波乱に富んだキャパの生涯と写真家としての活動について、貴重な資料や関係者たちへのインタビューを交えてその足跡を辿る長編ドキュメンタリー。なかでも、実弟のコーネル・キャパ、マグナムの盟友カルティエ=ブレッソン、キャパの伝記の著者リチャード・ウェーランら、今は亡き重要人物たちの証言は必見。

16:30-
『四億の民』 The 400 Million
1938-39年/53分/白黒/サウンド/DVD(横浜美術館所蔵)
監督:ヨリス・イヴェンス、ジョン・フェルノ
撮影助手:ロバート・キャパ
オランダ出身の監督イヴェンスによる、日中戦争をモティーフとしたドキュメンタリー映画。「四億」は当時の中国の人口。中国の歴史文化の紹介を交えながら、日本の侵略とそれに対する民衆の勇敢な抵抗を綴ったプロパガンダ映画である。1938年に中国に渡ったキャパは、雑誌社のための写真撮影のかたわら、この映画の撮影アシスタントをつとめた。

 
2月24日(日曜)
14:30-
『ロバート・キャパ 魂の記録』 
  ※宝塚歌劇 宙組 バウホール公演
2012年2月2日の公演記録映像/131分/カラー/サウンド/Blu-ray(宝塚クリエイティブアーツ提供)
作・演出:原田諒
出演:凰稀かなめ、伶美うらら、美風舞良、風莉じん、春風弥里ほか
2012年1月から2月にかけて上演され話題を呼んだ、宝塚歌劇団宙組によるキャパの半生を綴ったミュージカル。「アンドレ・フリードマン」時代のパリでの撮影活動、ゲルダとの出会い、スペイン内戦の取材、そしてゲルダの死。その人生のトピックを丹念に綴りながら、キャパの報道写真に対する思いが熱く語られる。


本件に関するお問い合わせは、インターアーツ mail@interarts.info まで