Dream Japan

vol.1
★「ザ・ボディーガード」
- ホイットニー・ヒューストンへのトリビュート

(2012/07/01)

公開: 1992年
監督: ミック・ジャクソン
製作: ローレンス・カスダン、ジム・ウィルソン、ケヴィン・コスナー
出演: ケヴィン・コスナー、ホイットニー・ヒューストン
音楽: アラン・シルヴェストリ
主題歌: 「I Will Always Love You」ホイットニー・ヒューストン
編曲: デイヴィッド・フォスター
配給: ワーナー・ブラザース

今や歌手ホイットニー・ヒューストンへのトリビュートとなった映画。

歌手とボディーガードの禁じられた恋の行方は?


★中川杏奈さん感想

名作過ぎて見たことがなかったボディガード。

最初は主人公二人の性格があまり好きになれず眠たくなってきたが、性格の合わない主人公。
ホイットニー・ヒューストンとケビン・コスナーが少しずつ本当の自分を出し距離が縮まっていく姿が微笑ましく途中から見入ってしまった。

マイナスイメージではじまったからこそ、相手の魅力に気づいた時、余計に惹かれていくものかもしれない。

スーパースターとボディガード。

好きになっちゃいけない、
好きになるはずじゃなかった、
実るはずのない、
先が見えない。
自分の命をかけても守りたい。
愛した人を命がけで守るというドラマチックな映画とホイットニーの名曲とともに、この恋も自分の仕事ももっと素直に頑張ってみようと思えるそんな映画だと思う。

みなさんの星はいくつ?


ご意見・感想は、anna@artlounge.info まで