Dream Japan


"Che'Nelle's Story"

「シェネルズ・ストーリー」

(2012/06/29)

シェネルは1983年3月10日マレーシア生まれ、オーストラリア出身のシンガーソングライターであり、Album、"The College Dropout"やDaft PunkをフィーチャーしたSingle、"Stronger"でグラミー賞を受賞したヒップホップシンガー兼プロデューサー、カニエ・ウエストに見出された。

2007年のデビュー時はやはりヒップホップ色が強かったが、久保田利伸の"Missing"のカヴァーがうけて、カヴァー・アルバム「ラヴ・ソングス」を日本人アーティストの楽曲を中心にリリースして、日本でも35万枚のヒットを飛ばして徐々にバラードを歌うことにシフトしていき、人気を得ていった。

その後、最大のヒット作として、渋谷系の若者中心に200万ダウンロードを記録した"Baby、I love you"の大ヒットで一躍人気と知名度をあげた。

アルバム「ラヴ・ソングス」には、Moumoonの"Sunshine Girl"、故ホイットニーの"Saving All My Love For You"、"Lovin' you"、"上を向いて歩こう"、"Missing"などが入っている。

そして、遂にオリジナルとして2012年4月4日に「ストーリー」を発表。「ありのままのOur Story、はじめて抱きしめられた what you've done to me,babe 君がそばにいてくれたから こんなにもろい自分も強くなれる Your love has made me stronger now その勇気をくれたから・・・」等という歌詞や楽曲が特に女性ファンに受け、徐々に若い女性のカリスマ的存在になりつつある。

オーストラリアといえば、"Need you tonight~Mediate""What you need""Never Tear Us Apart""By my side""Stairs"などの大ヒットを飛ばしたINXS(イネクセス)に、そのリードボーカルで最もSexyな男No.1に選ばれた今は亡きMike Hutchence(マイク・ハッチェンス)に"Can't get you out of my head"と言っているであろう恋人だったKylie Minogue(カイリ・ミノーグ)らが一番ポピュラーなミュージシャンだろう。その後マイク・ハッチェンスへのトリビュートとしてマーティー・ケーシーと次代ヴォーカルを争ったJ.D.フォーチュンが"Afterglow"をヒットさせた。

また"Back in Black""Thunderstruck"、Gunsのカバーが有名な"Whole Lotta Rosie"、そして第一回WBCで最後の勝利のマウンドに立った大塚投手がパドレス時代の同僚で601セーブをあげたホフマン投手から入場曲を譲り受けた"Hells Bells"らの大ヒットを持つ骨太な大御所AC/DC(エーシーディーシー)らも世界的には有名だが、日本で、特に若い世代には、シェネルが最も身近な存在であろう。

REIRA starring YUNA ITO(伊藤由奈) の"ENDLESS STORY"や、平原綾香の"Jupiter" 、あるいは絢香の"三日月"らが出てきた時と同じ感覚を「ストーリー」には覚える名曲だ。

"せつなキュン・ヴォイス"や"ラブソング・プリンセス"と称されるが、2012年年末には紅白や各局の音楽番組に出ているかも知れないシェネルの魅力が溢れる一年となりそうだ!


* シェネル・オフィシャルサイト

* シェネル・ブログスタート!

* シェネル@iTunesStore


"Story" (short promotion version)
"Baby、I love you" (live)
"Believe"
"Sunshine Girl"


本件に関するお問い合わせは、インターアーツ mail@interarts.info まで