Dream Japan


"The Artist of Cuisine/Kitchen" - ("料理/台所のアーティスト”)"

 -  "D'artistes des Cuisine(ダルティスト・デ・キュイジューヌ)"

(2016/11/27)


 

2016年11月23日祝日、日本に本場フランス料理の強力なサポーターが上陸した!青山学院近くの南青山骨董通り沿いに位置する1号店をオープンしたのは、かんたんフレンチ調理のための冷凍食品を手掛けるPicard(ピカール)だ!

7年連続フランス人の好きな食品ブランドのランキング1位という人気ぶりで、日本にはないフレンチ風の冷凍食品が並ぶ。

1号店はコンビニほどの大きさで、フランス本店の大きさには及ばないが、中目黒、麻布ら徐々に店舗を増やし、ECサイトも開設するなど、積極的に事業を展開しようとしている。

日本人には料理が難しく、フランス料理の名店に行かないと味わえない味が、家庭でも手ごろに再現できる可能性があるPicard(ピカール)に、日本の食品事情も変わりそうで、国産大手食品メーカーも注目している!


 


 

おべんとうや、ホームパーティで家庭料理をどう作るか?頭を悩ませていた主婦を中心に、男性の料理趣向家にとっても、有効な調理方法の手段の一つとなり、バラエティに富んだおもてなしへの期待も高まる!

おべんとうにフレンチは贅沢では?・・・というのもうなずけるが、安いお手ごろなものから、メインディッシュ、前菜、デザートなどカテゴライズされているため、その時の趣向によって、多様な提供が可能である。

ただし、注意点は、コンビニではない、ということだ。「レンジでチン」ではなくあくまで冷凍保存されているため、調理が必要になる食品が多く、オーブンレンジが必要でかつ、そのまま食べれずひと工夫する必要があるものが多い。

とはいえ、これまでエスカルゴやフォアグラ、トリュフなどを家庭で食そうとしたら、高級食材やさんや専門店にいかないと素材が入手できなかったわけであるから、もっとフレンチとの距離が縮まるのは間違いない!

Picardのアンテナショップとしてのカジュアル・フレンチの料理店や、日本のコンビニによるレンジでチンするフォアグラの開発などなど、競争も活性化するかも知れない!

すしや、トラットリア(大衆食堂)並においしいパスタがコンビニで手頃に入手できる時代に、最後の巨匠ともいえるフレンチに日本の食品市場も踏み込んだ!

”青船襲来!”-黒船ならぬ、青船ピカールが、赤船として2016年中のブームとなったNHK大河「真田丸」と同時代に到来したことが、4年後の2020年東京五輪の際にどう変化しているか?またいつか、懐かしいとおもわれるほど、カジュアル・フレンチも日本で当たり前の文化のひとつになり、"D'artistes des Cuisine(台所のアーティスト)"が増えるきっかけになると期待したいものだ!


 


 
 

Picard On Line Shop

仏スーパー「ピカール」が日本上陸!

イオンとも提携!

新業態スーパー「ピカール」、ついに日本初上陸!

仏冷食専門店「ピカール」都心に、冷食革命の始まりか!


 

天皇の料理番特集記事


 

本件に関するお問い合わせは、インターアーツ mail@interarts.info まで